総裁選各陣営、人事にやきもき 河野氏側は冷や飯も

 自民党の岸田文雄総裁は30日、党役員や閣僚の人事の検討を本格化させた。9月29日の総裁選後、岸田氏は挙党態勢の構築を強調している。ただ、人事権を握った者が自身を支持した議員は論功行賞として厚遇し、対立陣営の議員には冷や飯を食わせる場面は多い。各陣営はやきもきを続けている。
※FeedまたはOGPからの引用です、全文は以下リンク先へ。
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/211001/mca2110010558003-n1.htm
国内ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト